【真田丸ゆかりの地を巡る〜茶臼山〜】

はじめに

茶臼山は大坂の陣の特別な舞台であり、冬の陣では徳川家康が、夏の陣では真田幸村が本陣を置きました。

夏の陣最大の激戦「茶臼山の戦い」では、真田幸村隊と松平忠直隊(徳川方)がここ茶臼山周辺で激戦を繰り広げました。

約400年前にこの地で戦が繰り広げられていたと思うと、なんとも言えない不思議な気持ちに浸れました。

皆さんも歴史的な戦地に足を踏み入れて、戦国時代へタイムスリップしてみてはいかがでしょうか?(^^)

「大坂の陣茶臼山史跡碑」が立派にお出迎えしてくれます。

 

分かりやすいイラストで大坂夏の陣を説明してくれています。

 

こちらは「茶臼山の戦い」についての説明書きです。

 

左側が階段、右側がスロープになっており、山の中腹までは段差なしで登ることができます。

 

スロープはこんな感じです。

 

山頂へ行くには、中腹から山肌を登らなければいけません。

 

コインパーキングの奥の茂みが茶臼山です。

 

〜基本情報〜

▪️名前
茶臼山(ちゃうすやま)

▪️住所
〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-31

 

〜バリアフリー情報〜

▪️山の中腹まではスロープがあり、そこから頂上へは山肌を登らなければいけません。(※写真参照)

▪️コインパーキングあり。(車椅子専用スペース完備)

▪️身体障がい者用トイレは、お隣の一心寺存牟堂で借りることができます。

※この情報は2016年11月現在のものです。

 

◆Instagram・Twitterでは、大阪にまつわる写真を公開中‼︎

《Instagram》
https://www.instagram.com/osaka.okini/
《Twitter》
https://mobile.twitter.com/osaka_okini