【大坂夏の陣でリアル激戦地となった歴史的寺院】

はじめに

今回ご紹介するのは日本最古の仏教寺院「四天王寺」です。
大坂夏の陣では、南大門にて激しい戦いが繰り広げられ、庚申堂(こうしんどう)では真田幸村の影武者であった穴山小助(あなやまこすけ)が壮絶な斬り合いの末討死したことが有名です。

大阪市天王寺区には、歴史マニアにはたまらないスポットがたくさんあります(^^)暖かい格好で散策してみて下さいね☆

 

立派は石の鳥居がお出迎えです。大阪冬の陣では、この鳥居を残し消失しました。

 

南大門です。ここで激戦が繰り広げられたそうです。

 

南大門の隣にはスロープの入り口もあります。

 

身体障がい者トイレ

 

休憩所も設置されています。

 

庚申堂の正面入り口になります。

 

スロープの入り口もあります。

 

ここで穴山小助が壮絶な斬り合いの末討死したとされています。本堂へは、写真にある階段からしか入れません。

 

激戦の谷筋からの1枚。この谷筋を境に両軍が睨み合っていたことが名前の由来。奥に見えるのがあべのハルカスになります。

 

 

▼▼基本情報▼▼

▪️名前
四天王寺
※庚申堂は南大門から南へ300m

▪️住所
〒543-0051 大阪市天王寺区四天王寺1-11-18

▪️アクセス
地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」より徒歩5分

▪️定休日
年中無休

▪️URL
http://shitennoji.movo.jp/

 

▼▼バリアフリー情報▼▼

▪️身体障がい者用トイレあり(庚申堂にはなし)
▪️休憩所あり
▪️スロープあり
▪️専用駐車場あり

※この情報は2016年12月現在のものです。

 

▼Instagram・Twitterでは大阪にまつわる写真を公開中‼︎

《Instagram》
https://www.instagram.com/osaka.okini/
《Twitter》
https://mobile.twitter.com/osaka_okini